風俗前には必ずイソジン

自分も覚えちゃいましたね

自分も風俗の味を覚えてきました。年齢と共に風俗が楽しいと感じるようになってきたんです。自分に余裕が出てきたからなのか、それともおじさんになってきたので若い女の子という存在そのものの貴重さに気付いたのか。どちらもあるとは思いますし、それにもう自分が一番かわいいお年頃でもないじゃないですか。だから相手の風俗嬢にも気兼ねすることなく話しかけられるようになったのもありますよね。図々しさが出てきたことによって、相手に対して積極的に話しかけられるようになってきたのもあって、自分の求めるプレイを満喫出来るようになってきていると言うのもあるでしょう。だから毎回楽しいです。若い頃はまだまだ今ほど図々しくはなかったので相手に対してどう伝えればよいのか分からず、それで自分でヤキモキしてしまうこともありましたけど、今ではそれもないので自分の好きなように、好きなだけ遊べるんだなってことに気付くようになってきたんですよね。

会いたいって気持ちよりも遊びたいんです

お気に入りの風俗嬢はいません。みんなダメってことを言いたいんじゃなくて、お気に入りと言う形で誰か特定の風俗嬢に肩入れするのではなくて、いろんな風俗嬢と遊びたいなって思っているんですよ。その方が男としての本能を満たせるような気がするんですよね。それに風俗は特定の女の子とでなければ遊べないってことが決まっている訳じゃないんです。いろんな女の子と楽しめるじゃないですか。それなら思う存分楽しんでおきたいなって思うのは人情ってものですよね(笑)だから風俗で遊ぶ時にはもっともっといろんな女の子と会いたいなって思いますし、似たようなタイプじゃなくてそれまで自分が遊んだことが無いようなタイプの風俗嬢を指名することも多いんですよ。新鮮な気持ちは刺激に繋がりますし、刺激が興奮となって満足感をもたらしてくれるじゃないですか。だから毎回のように違う風俗嬢を選んでいるのは、決して気まぐれではなくて、自分なりに考えているんです。