風俗前には必ずイソジン

熟女の実力は底なしでした

Sさんという、いわゆる熟女と呼ばれている風俗嬢と楽しんできたんですけど、想像以上に楽しい時間を満喫出来たんじゃないのかなって思います(笑)別に熟女フェチって訳じゃないんですけど、風俗では特定のタイプの女の子だけじゃなくて、いろんなタイプと遊びたいじゃないですか。それがマンネリ防止にも繋がるんじゃないのかなと思いますしね。それでこの前は熟女にしたんですけど、彼女が凄いのか熟女が凄いのか。その答えはこれから探すことになりますけど、少なくとも熟女の彼女は凄かったです。性的サービスというよりも、こちらに対して「攻撃」と言ってよいでしょう(笑)あれだけ積極的に、そしてエネルギッシュに攻められると快感だけじゃなく、そもそも気分が盛り上がりますね。それに彼女は直接的なプレイだけじゃなく、間接的な事も上手というか、初めて味わうようなことも多々ありました。だからこそ、熟女って本当に凄い存在だなって実感しました。

やっぱりアイディアは大切だなと

風俗では受身で女の子だけに任せるのではなくて、自分なりにいろいろなアイディアを出すこともまた、大切かなって。イマジネーションを膨らますってことでもあるのかもしれません。風俗嬢を指名して「あとはお願いね」じゃなくて、自分も一緒に快感を目指すんでしょ。その姿勢が自分により大きな満足感をもたらしてくれるものだと信じていますので、風俗では自分なりにどう楽しむのかを考えるようにしています。これってやっぱり風俗では自分からもある程度アクションを仕掛けることが大切ってことですね。受け身でもそうです。たとえ受け身だとしても、受け身であるってことを伝えなければ風俗嬢としても戸惑ってしまうじゃないですか。それではハーモニーにも陰りが見えてしまうかもしれないので、風俗を楽しむのであれば、それなりに自分自身で楽しむ。その姿勢こそ、大きな感動をもたらしてくれるものになるんじゃないかなって。些細なことですけど、でも大きいと思いますよ。