風俗前には必ずイソジン

遊びたい時だけでいいから都合が良い

浮気をしている時って、遊んでいる時そのものはともかく、それ以外は結構面倒なんですよね。妻がいる時に連絡でも来ようものなら血の気が引くし、そうならないよう、スマートフォンは通知をオフにするしかないじゃないですか。それがスリルというか、ドキドキ感があるかもしれないんですけど、でも結婚している身としてはドキドキであると共に、リスクでもあるじゃないですか。だからかなり困るんですよ(苦笑)それこそ妻相手にスマートフォンで地図の説明をしている時に相手からメッセージでも来ようものなら冷や汗ものなんです。だから浮気は迷惑な部分もあるんですよね…身勝手な話ですが(笑)でも風俗は自分が遊びたい時だけでいいじゃないですか。特に何もないというか、細かいことを気にするでもなく、自分の欲求を満たしたい時だけに遊べるので、特に何も考える必要はないんです。だから浮気をするよりも風俗の方が何かと都合の良いものかなって思いますけどね。

欲望こそ原動力だからこそ

風俗に関しては未だに飽きることがありません。これはやはり風俗の原動力が男としての欲望そのものだからなんじゃないのかなって思っています。欲望があるからこそ、もっといろんな女の子と楽しみたいって思うんですよね。風俗に関してだけは自分自身、かなり向上心があるんじゃないのかなって思うんですよ(笑)他のことに関しては向上心なんてほとんどないんです。でも風俗だけはもっともっと向上心を持たなければなって気持ちになっているのは本当に不思議な話だよなって思いますよね(笑)それくらい、向上心というよりも性欲と言うか、女の子への欲求が強いってことなんじゃないのかなって思うんですよ。だからこそ、これからももっともっと風俗で遊んでいたいなって気持ちになりますよね。だって風俗で遊んでいる時だけは、自分の気持ちに正直になれる時だと思うんです。日常生活の中では我慢を強いられますけど、風俗で遊んでいる時だけは我慢する必要ないんです。