風俗前には必ずイソジン

明るい貧乳というジャンル

とっても明るい風俗嬢だったんです。でも彼女は貧乳でした。まぁ体つきと性格は連動している訳ではないので、明るい貧乳風俗嬢がいても別におかしくはないんですけど、でもそれがエロスに繋がったんですよ。明るく話してくれている子が貧乳。まぁそれはいいんです。貧乳って感度が良いじゃないですか。だからそれまで明るかった彼女が、少し彼女の貧乳に触れるだけで反応してくれる急に黙るし、艶めかしい声を出すようにもなるしでギャップに感動したんですよね。普通に暗い女の子だったら、感じているだけなのかなって思って終わりだったかもしれません。貧乳は感度が良いなで終わりと言うか、改めてあれこれ思うこともなかったでしょうね。でも彼女は初めはとっても明るかったんです。こちらをリラックスさせるためにいろいろと話しかけてくれるなど気配りも出来る子だったんです。それが少し攻めると急に頬赤らめて、そして何かを我慢しているかのような表情を見せるようになって…。

心掛けよりも選択肢かな

どんな心掛けで風俗嬢と遊ぶのかよりも、どれだけちゃんと風俗嬢のことを調べられるのかの方が大切なような気がするんですよ。と言うのも、自分でも思ったんですけど男って本当に単純なんですよ。だから別に「こうしよう」「あれをしよう」とか前もって考えたり、モチベーションを高めようとしなくとも自分が良いなって思えるような可愛らしい風俗嬢や綺麗な風俗嬢で在れば、勝手にやる気は出ています(笑)やる気を出そうと頑張るってことは、裏を返せばやる気が出ていないってことじゃないですか。それよりも、そんなことを意識しなくとも勝手にやる気が出てくるような相手の方が断然良いんじゃないかなと(笑)だから風俗で遊ぶ時には細かい理屈を抜きに、自分がやる気が出そうな相手を選ぶようにしていますので、単純に外見重視です。人間は外見では分からないこともありますけど、人付き合いをするのではなくて、あくまでもその時こちらを満足させてもらうってだけなんですし。